創始者 甲田光雄先生
21ネット健康塾
各地での集会
少食健康法実践研究
入 会 案 内
顧 問 紹 介
分科会の活動報告
健康むら新聞
全国健康むらマップ
創始者 甲田光雄先生(元日本綜合医学会名誉会長)

全国健康村21ネット はじまり

甲田先生「健康村が沢山出来た結果、日本の 社会は病人が激減したばかりか、政沿・ 経済・教育などもすっかり変わってし まうという大きな世直し運動となった。」
このような夢が1日も早く実現できた らなあ…。

  21世紀に入ったら日本も明るい希望に満ちた社会 になり皆幸せになるという期待を持って迎えたもので すが、その期待は見事にはずれ、年毎に悪化してゆく 社会の中で悲観的な出来事が益々増えてきました。

  まず日本の政治そのものが大きな高い目標がなく、 その場当りの政策を繰り返しているばかりです。その ため経済もでたらめとなり、市販の肉類や野菜類など の食品も「ウソ」ものが多く、本当に安心して食べら れるものがないではありませんか。医学や農業もまた 似たり寄ったりで、医療費が毎年一兆円ずつ増え 31兆円にもなって、しかも病人が益々増えてきたと いうのは、一体どういうことでしょうか。

また、農作物も「いのち」一杯の土の上に育ってこそ健全なもの ができるのに、その大切な「いのち」を農薬や化学肥
料で無造作に殺してしまうような農業が私達の健康を いかほど害しているか!このような「いのち」よりも 経済が優先するという逆さまの社会では真の幸せは得られる筈がないと断言してもよいでしょう。

逆さまの社会だがら、教育もまた正しい軌道を逸脱し、家庭の崩壊、学校の崩壊と進展し、犯罪の急増、それも青少年の凶悪犯罪という大変憂うべき事態になっております。

このまま放置しておれば日本の国は滅びてしまうぞ!

そのような不安感をいだく人達がいまや全国各地から
警告の叫びを挙げておられるのです。

今こそ有志ある人達が結束して、団結し強力な世直し運動を始めるべきだと。それがこの度「健康村をつくろう」という具体策が出てくる原動力となっているのです。